再生医療事業

  • 活性化自己リンパ球培養受託事業
  • 研究用試薬・機器の販売
  • リンパ球保管事業

位置付け

活性化自己リンパ球療法の培養受託を行っています(2015年6月特定細胞加工物製造業許可取得)。また、品質マネージメントシステムの国際規格である「ISO9001」の認証を取得しており、規格に沿った運営・管理を行い、品質保証体制を強化しています。

再生医療とは

生きた細胞を使ってケガや病気を治す医療

厚生労働省の資料では、
「生きた細胞を組み込んだ機器等を患者の体内に移植等すること又は内在性幹細胞を細胞増殖分化因子により活性化/分化させることにより、損傷した臓器や組織の自己再生能力を活性化することで失われた機能を回復させる医療」とあります。

私たちの体内にある細胞、組織、器官や臓器は、怪我、病気あるいは老化などの様々な要因で生体機能や働きが低下、もしくは失われてしまうこと(機能障害、機能不全)があります。
損傷した組織、器官や臓器を再生して、失われた本来人体に備えられている機能を回復することを目的に、体外で人工的に培養、活性化した細胞等を、患者さんの体内に投与、移植などを行う医療が再生医療です。
再生医療は、成長してから欠損や欠陥が生じた場合に、再生することがない、あるいは再生が困難な組織や臓器等を修復・機能回復させることを目指す医療とも表現されます。

再生医療と細胞治療

再生医療は、 機能が損なわれた場所に必要な細胞を補う医療といえます。
また、この細胞を補う医療を細胞治療と呼びます。

細胞治療とは、体内の細胞を一旦体外に取り出し、選別、分化、活性化、増幅などの加工を行った後に患者体内に移植、投与することを通じて、疾患の要因となっている機能を回復させる治療方法です。
細胞治療は、再生医療と同じような意味合いを持ちますが、言葉としては再生医療を内包する位置づけとなります。「成分輸血」や「造血細胞移植」も細胞治療となります。
2014年に施行された再生医療等の安全性等の確保に関する法律においては、免疫細胞治療や細胞を用いる遺伝子治療を「再生医療等技術」(改正医薬品医療機器等法では「再生医療等製品」)として定義されることになりました。これらは元来、細胞治療と呼ばれていた治療法です。

治療に用いられる細胞は、組織や臓器など機能を有した細胞ですが、材料となる細胞は多岐にわたります。骨髄細胞、臍帯血、脂肪細胞、皮膚、滑膜などがあげられます。近年では、皮膚や血球細胞などの体細胞に、特定の因子を少量導入し、培養するで、様々な組織や臓器の細胞に分化する能力を有し、かつ増殖することができる能力をもつ多能性幹細胞(人工多能性幹細胞:iPS細胞)を用いた細胞治療/再生医療に注目が集まっています。

細胞治療/再生医療が臨床に用いられ、治療として一般化するには、きめ細やかな基礎研究に始まり、安全性や有効性の検証のための、臨床研究・試験が必要です。
また新しい医療であるが故に、再生医療等技術の安全性評価や、有効性の指標などについては、検討と議論を繰り返し、確立していく必要があります。
弊社が培養技術を用いる、免疫細胞治療においても、近年の分子生物学の進歩によって、がんに対する免疫応答機構が分子レベル、遺伝子レベルで解明されてまいりました。
活性化自己リンパ球の大量培養法の開発以降、治療に用いられるべき高品質かつ安全性の高い製品を安定的に供給するための製造管理及び品質管理法を構築するとともに運用ノウハウを培ってまいりました。その技術・実績をもとに、再生医療に取り組む医療機関や再生医療等製品の開発に取り組む研究機関の新しいパートナーとして、期待に応えられる組織・細胞等の加工受託事業を展開してまいります。

再生医療事業

活性化自己リンパ球の品質・製造

培養方法のノウハウ

活性化自己リンパ球療法に使われる活性化自己リンパ球の培養技術は、当社取締役会長関根暉彬が国立がんセンター在職時に培養法を確立しました。その後手順の画一化(ソフト)や培養設備の開発(ハード)の開発を行い高品質な活性化リンパ球を安定的に調整できるようになりました。

試験検査方法のノウハウ

当社は、無菌検査、フローサイトメーター検査、ウイルス検査、VNTR測定(迅速に細胞の取り間違いを識別できる)による品質管理技術、および、トレーサビリティシステムによる工程管理技術を保有しています。
当社技術により、活性化リンパ球は、細菌等の微生物に汚染されていないことや、純度や活性化状態を確認することが可能です。さらに、活性化リンパ球の調製工程管理をバーコードにより行い人為的な取り違いを防止しています。
また、各種指針や研究報告書(細胞治療の安全性評価に関する研究)を参考にして最新の必要検査・管理に対応できる研究開発体制をとっています。

当社は、これらの最新技術や最新情報を関係医療機関に提供しています。

医療支援

・技術支援 ・人材派遣

培養技術を有する技術者派遣などの再生医療支援業務を行っています。

培養用の特別な施設を保有していない場合、免疫療法に対する知識があまりないが治療に興味がある場合、医療機関の規模が小さな場合(クリニック)、悩む前に、まずは、お気軽にお尋ねください。

研究用試薬の販売

長年培った培養技術を背景に活性化自己リンパ球の培養に必要な培養液や細胞凍結保存液の製造販売を行っております。

製品説明へ

リンパ球保管事業

未来のために闘う力をお預かりします。
将来がんになった時に備え、健康でいる時のリンパ球を保管するサービスを行っています。
当社は、リンパ球を長期かつ安全に保管する技術を保有しております。