MAXFACS GINZA CLINIC
MAXFACS GINZA CLINIC

治療医紹介

治療医
院長
渡邊 裕之

口腔外科専門医として、主として免疫細胞と癌の予後、免疫療法の研究に従事してまいりました。免疫療法の中でも発癌の抑制、癌細胞の増殖抑制をテーマに癌病巣局所における活性化T細胞と癌細胞および間質反応の相互作用についてヒト癌細胞と担癌動物をもちいて実験をおこない、その臨床応用を考えてまいりました。
 年齢とともに低下する免疫力とくに細胞性免疫力を持続する、それが健康維持に繋がると考えてます。株式会社リンフォテックの活性化自己リンパ球に出会い、活性化自己リンパ球を定期的に摂取することで、癌を含めて様々な疾病の予防に繋がると確信しております。

治療医経歴

年月 詳細
1989年 岐阜歯科大学卒業後、東京医科大学口腔外科学講座に入局、口腔顎顔面領域の悪性腫瘍再建手術、外傷、顎変形症治療を中心に研鑽を重ねる。
1999年 日本口腔外科学会総会において「口腔癌の増殖抑制」をテーマにシンポジストとして講演し、学会会長より感謝状を賜る。
2000年 Dentistry in Japan に日本の口腔外科学の代表論文として「Relationship between gene expression of interleukin-2 and distribution of fibronectin oral squamous cell carcinoma」が掲載される。
その後、渡欧してドイツ アルバートルードヴィヒ大学口腔顎顔面外科 Prof. R. Schmelzeisen、イギリス モリストン病院顎顔面外科Mr. A. W. Sugar フィンランド ヘルシンキ大学口腔顎顔面外科 Prof. C. Lindqvistのもとでて顎顔面再生医療、顎変形症手術、外傷後顎変形治癒に対する手術、顎顔面領域の再建手術を中心にさらに研鑽を積む。
2002年 国際口腔癌会議(ICOOC: UICCの分科会)より「優秀賞」を賜る。
2004年 東京医科大学退職後、8年間大手美容外科で美容顎顔面外科の経験を積む。
2013年 リッツ美容外科東京院 他、美容外科で美容顎顔面外科の指導にあたる。
2014年 日本初のマキシロフェイシャルサージェリー(顎顔面口腔外科)を専門とするMAXFACS GINZA CLINICを開院する。

所在地・診察時間

東京都中央区銀座7-3-7
ブランエスパ銀座ビル5F
TEL:0120-066-426
ホームページはこちら

当院では経験豊富なドクターが、患者様の悩みをゆっくりと伺い、その治療法を様々な症例写真をお見せしながら丁寧にご説明いたします。
完全予約制となっておりますので、必ず予約後にご来院下さいます様お願い申し上げます。

TEL:012-066-426
(受付時間 10:00~19:00)
FAX:03-3571-2272


MAP

マップ

■【東京メトロ日比谷線・丸の内線・銀座線銀座駅C2出口】より徒歩5分
C2出口を出て、数寄屋橋交差点を右折。
外堀通りを新橋方面へ、二つ目の交差点西銀座6丁目を通り越してそのまま直進、右側のビル。

■【都営浅草線・ゆりかもめ・JR新橋駅】より徒歩5分
JR新橋駅の銀座口、地下鉄新橋駅6番出口を出て新橋駅銀座口前の交差点より外堀通りを有楽町方面へ直進。
四つ目の交差点を通り越し、左側に見えるビル

■【JR東京駅より車で5分】