免疫療法は大きく二つの方法に分かれます

免疫療法は大きく二つの方法に分かれます免疫療法とは、元々持っている生体の免疫機能を高めることで様々な病気を治療、克服することを目的としたものです。免疫療法は大きく二つの方法に分かれます。

一つは、免疫反応を起こす物質を直接接種または摂取することによって、身体の中に存在する免疫系を刺激し活性化するもので、「能動免疫療法」と呼ばれます。これは、ワクチン療法やサイトカイン療法、または広い意味で健康食品の類も当てはまります。

もう一つは、免疫反応を担うリンパ球などを身体の外で活性化して再び身体に戻すもので、「受動免疫療法」と呼ばれます。これは、リンパ球を体内(生家)から一度体外(育ての家)へ出して(養子)活性化して戻すことから、「養子免疫療法」とも呼ばれています。

がんの免疫療法

がんの免疫療法詳細

受動免疫療法

受動免疫療法の代表は、活性化自己リンパ球療法です。活性化自己リンパ球療法には、腫瘍組織浸潤リンパ球療法(TIL)、細胞障害性リンパ球療法(CTL)、活性化自己リンパ球療法、活性化NK療法などがあります。

TILは、がん組織に浸潤したリンパ球を手術の際に採取し、活性化培養したリンパ球を治療に用います。この方法は、浸潤したリンパ球はがん細胞の情報を学習しているはずなので、がん細胞に対してより認識する力が強い(特異性の高い)リンパ球が得られる可能性がある、という考え方で始まりました。ただし、リンパ球は手術の際にしか取れないこと、効果が期待ほどでは無いこと、などからほとんど実施されていません。

がん細胞の情報を強制的に外から与えれば、より特異性の高いリンパ球が誘導できるかもしれない、という考え方から生まれた受動免疫療法が細胞障害性リンパ球療法(CTL)です。これは、手術でとってきたがん細胞とリンパ球を混合して繰り返し刺激しながら培養します。この方法で培養した活性化自己リンパ球は、刺激に使ったがん細胞が攻撃目標になるので、特異性の高い効果が期待されています。ただし、がん細胞が手術で取れない場合は実施できません。現在はさらに、がん細胞の変わりにがん抗原を用いたりもしています。一部のがんでは臨床効果が報告されています。

腫瘍組織浸潤リンパ球療法(TIL)や細胞障害性リンパ球療法(CTL)は、手術でがん細胞を取り出すことが必要なのに対して、活性化自己リンパ球療法は、手術でがん細胞を取り出す必要がなく患者さんの身体的負担を軽減するために開発された受動免疫療法です。活性化自己リンパ球療法は、通常血液検査で採血するような少量の末梢血を材料にしてリンパ球を活性化培養し、がんの治療を実施します。また、培養方法の改良(固相化抗CD3抗体及びIL-2で活性化で刺激)で約2週間の培養でリンパ球数が1000倍程度に増殖させることが可能となり、臨床応用が可能となりました。

末梢血のリンパ球のみではがん細胞に対する特異性が無い(非特異的)のではないか、という質問を良く受けます。またこの方法は簡易的に「非特異的リンパ球療法」と呼ばれます。 先にも書きましたが、血液中のリンパ球は免疫監視機構の担い手であり、常にがん細胞の発生を監視して、見つけた場合には排除します。リンパ球は大変学習能力が高く、一度攻撃したがん細胞の記憶を残しており(メモリー細胞)、更に未知の抗原に対して反応する力も備えています。その為、抗原刺激を行わなくとも、末梢血のリンパ球を材料とする活性化自己リンパ球療法はがん細胞に対して反応することが可能です。その為、本療法は、「非特異的リンパ球療法」ではなく「多特異性リンパ球療法」と呼ぶべきであると考えています。

体内に存在するリンパ球は、様々ながんの情報を持った細胞集団であると言えます。それらをまとめて活性化培養するわけですから、CTLやTILの様に対応するがん細胞だけではなく、様々ながん細胞に対して特異性を持った活性化自己リンパ球が誘導できます。さらに、体内に投与された活性化自己リンパ球ががん細胞を攻撃すると、さらにがん細胞の情報を得て学習し特異性が高まりますので、治療を継続するごとに特異性の高いリンパ球が徐々に体内に増えてきます。

また一方では、がん細胞を攻撃するリンパ球だけではなく、体内の免疫機能の活性化を手助けするようなリンパ球(ヘルパーT)も増殖しますので、投与によって生体の免疫機能自体を高めることも出来ます。これにより、QOLの改善や抗がん剤や放射線療法の副作用も軽減する効果も期待できます。現在、活性化自己リンパ球療法を実施しているほとんどの医療機関は、基本的にこの方法を応用しています

これまで説明した免疫療法がTリンパ球を活性化するのに対して、活性化NK療法はリンパ球の中のNK細胞を活性化して治療する免疫療法です。NK細胞はIL-2で活性化しますが、増殖には限界があります。また、Tリンパ球は、血管壁を通過してがんに到達することが比較的容易ですが、NK細胞は血管壁を通過してのがん細胞への到達は困難です。最近、少量の末梢血から活性化培養する方法が開発されいくつかの医療機関で臨床応用されていますが、培養方法やその効果に関する学術的な報告は、ほとんどなく、その臨床効果は確認されていません。

近年、がん細胞の情報を取り込ませた樹状細胞をリンパ球と混合して培養することにより、活性化の過程でがん細胞の情報をリンパ球に伝えることによって特異性を高め、治療に応用する免疫療法も考案されていますが、その臨床効果は確認されていません。

能動免疫療法(ワクチン療法)

能動免疫療法には、ワクチン療法やサイトカイン療法があります。ここではワクチン療法について説明します。
免疫反応は、異物(抗原)を認識することによって、それを排除しようとする反応です。がん細胞も特有の抗原を持っていると考えられており、いくつかのがんでは既に証明されています。それらのがん抗原を取り出し直接接種したり、抗原情報を免疫担当細胞に伝える働きを持った細胞(樹状細胞など)にがん抗原を取り込ませて接種することで、生体内の免疫系を活性化する能動免疫療法が「ワクチン療法」です。この能動免疫療法の一つである「ワクチン療法」によるがん治療法は、接種した抗原や樹状細胞ががん細胞を直接攻撃する訳ではないので、接種された後どれだけ効果的に免疫系を活性化できるかが課題となります。既にいくつかの施設で臨床応用が始まっています。

能動免疫療法(サイトカイン療法)

能動免疫療法の一つであるサイトカイン療法は、元来生体内で免疫反応を活性化する働きを持つ物質を、体外から大量に投与することによって治療に使う方法です。様々な物質がありますが、現在医薬品として治療に使われているものは、インターフェロン(IFN)やインターロイキン-2(IL-2)です。これらの物質は、生体内では極微量で免疫反応を制御していますので、体外から大量投与することによって重篤な副作用も起こってきます。効果と安全性のバランスを考えながらがん治療に使うことが重要です。将来、より有効なサイトカインが出現する可能性もあります。

能動免疫療法(その他健康食品など)

能動免疫療法の一つである健康食品の類は、キノコ系、植物系、動物系のものなど様々で、製造方法も費用もそれぞれに大きく違います。これらは医薬品ではありませんので、客観的な臨床効果や安全性が確認されていない場合がほとんどです。使用する場合は専門の先生の意見をよく聞くことと、効果や安全性に本人が納得して使うことが肝心です。

免疫療法によるがん治療実績