2013年5月21日に、弊社代表の関根暉彬が、中国遼寧省にある瀋陽軍区総医院の客員教授に就任しました。同医院は、中国遼寧省における有数の大型総合病院で、将来の発展が見込まれる免疫細胞療法の導入に積極的であり、同療法の培養方法のデファクトスタンダートを確立した関根とともに中国での普及を希望していることから、客員教授への招聘、就任に至りました。 当社は、日本のみならず中国を含めた海外においても免疫細胞療法が普及し、人類の健康の更なる向上に寄与出来るよう引き続き努力して参ります。

img01
画像をクリックするとPDFが開きます