アートセルクリニック六本木

 日比谷IB3

治療医紹介

小川健治

活性化自己リンパ球療法は、単独で大きな腫瘍を縮小させることは難しいですが、心身に負担が少なく長期間進行を抑えた症例もあり、再発予防以外にも、「生活の質」を改善する効果も期待できる治療です。   当院では「心ある医療を皆さまへ」をコンセプトに、医師・スタッフ全員が親身で暖かい対応を心がけております。皆様に心から信頼していただけるよう、診療全般において十分なインフォームドコンセントとプライバシー保護を徹底しております。 安心して気軽にご相談・ご受診していただければ幸いです。

治療医経歴

1972年 山口大学医学部卒業、東京女子医科大学消化器病センター外科入局
1974年 東京女子医科大学助手
1979年 東京女子医科大学付属第二病院(現:東医療センター)外科転勤
1981年 東京女子医科大学講師
1985年 同助教
1988年 ドイツ ボン大学移植外科学リサーチ・フェロー
1990年 東京都社会保険診療報酬審査委員会審査委員
1992年 東京女子医科大学総合研究所 東医療センター共同利用室長
2002年 東京女子医科大学教授、東医療センター外科部長
2009年 東京女子医科大学東医療センター副院長
2012年 東京女子医科大学名誉教授。白山通りクリニック院長
2018年 日比谷IBクリニック

医師免許取得1972年 専門分野:消化器外科学、乳腺外科学、腫瘍外科学、腫瘍免疫学

所在地・診察時間

東京都港区六本木7-4-4アートシェル5F

TEL:03-6432-9625 ホームページはこちら

診察時間: 10:00〜18:00 ●休診日: 日曜日

MAP

●六本木駅7番出口より 徒歩3分 ●乃木坂駅3番出口より 徒歩3分